忍者ブログ

今日という一日。

     代わり映えのない毎日のようでも、昨日とは違う何かがきっとあるはず。。

2017.07.28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.05.16

女帝 エンペラーの試写会に行ってきました。シェイクスピアのハムレットが原案だそうです。

煌びやかな宮中が舞台。しかし、その煌びやかさとは対照的に、権力や地位の誇示、嫉妬、復讐、裏切りといった人間の汚い部分が描かれています。登場人物の多くが裏の顔を持っており、自分の欲望を満たすためだけに生きているような気がしました。。

また、劇中、戦いのシーンが何度もありますが、どのシーンもかなり残虐でありながら、音楽に合わせ舞を演じているようでもあり、不思議な印象でした。

結局、最期には、愛する人もすべて失い、数多くの犠牲者の上に地位を得た女帝。自分のことを「皇后」ではなく、「ワン」と名前で呼ばれたのは久しぶり・・・と語る姿に、復讐のため本来の自分ではない強い女性、皇后を演じなければならなかった悲しい女性の姿が見えた気がします。。

 

***Story***
時は、五代十国時代。皇帝の弟リーが兄を殺し王位を奪い、皇太子をも抹殺しようとしていた。皇帝を殺された王妃ワンは、密かに想いを寄せていた歳の変わらぬ義理の息子である皇太子を守るため、新帝リーとの結婚に同意する。憎き男に抱かれながらも、魂は復讐のの神に捧げる王妃。彼女への欲望におぼれながら、皇太子暗殺を企てる新帝。争いを憎みながら、父の仇を討つ決意をする皇太子。・・・遂に時は満ちた。ある夜、国を挙げての盛大な夜宴が開かれ、一つの盃に毒が盛られる。果たして、盃は誰の手に――?(※チラシより引用)
 
***Staff・Cast***
監督:フォン・シャオガン
出演:チャン・ツィイー、グォ・ヨウ、ダニエル・ウー、ジョウ・シュン

***Official HP***
女帝 エンペラー http://jotei.gyao.jp/

PR
Post your Comment
Name
Title
Mail
URL
Select Color
Comment
pass  emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
この記事のトラックバックURL:
 『憎しみにくちづけ、愛に刺しちがえる。』  コチラの「女帝 エンペラー」は、シェイクスピアの「ハムレット」をベースに、中国の宮廷で繰り広げられる愛と欲望の交錯する復讐劇を描いたヒストリカル・ロマンスです。  主演は、”アジアの宝石”チャン・ツィイー。そ...
☆彡映画鑑賞日記☆彡 2008/05/15(Thu) 20:58
  BackHOME : Next 
News
 記事の画像はクリックすると大きくなります。
       
 Blog Ranking: 
にほんブログ村 OL日記ブログへ
         
Profile
Name:sa*na
 
Comment
[07/27 さとちん]
[05/10 nikko81]
[05/10 nikko81]
Link
trendleader
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ

今日という一日。 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]