忍者ブログ

今日という一日。

     代わり映えのない毎日のようでも、昨日とは違う何かがきっとあるはず。。

2017.08.22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.03.31

「王妃の紋章」の試写会に行ってきました。中国、五代十国、後唐の時代が舞台。表面上は取り繕いながらもそれぞれが策謀をめぐらしている虚像の家族。裏切り・・不倫・・妬み・・・かなりドロドロしています。

中盤からはワイヤーアクションが満載。昨年上映された「女帝エンペラー」とやや被るところがあるように感じましたが、ゴールドが基調の華麗な宮廷や衣装がとても豪華でした。



***Story***
黄金の裏には決して覗いてはいけない秘密がある―。贅の限りを尽くした宮廷で、無数の女官にかしずかれ、並ぶものなき栄華の頂点に君臨するまばゆいばかりの王家の一族。絶対の権力たる王の威厳、あたりを払うような王妃の気品、真面目で心優しい皇太子、父に武力を見込まれた第二王子の逞しさ、まだあどけなさの残る第三王子の無邪気な笑顔――それが、黄金の一族の穢れなき肖像。それぞれに秘密を持ち、策謀をめぐらし、殺意を抱きあうすさまじい人間模様。絡み合う愛憎はいくつもの悲劇を生み、やがて国を揺るがすまでの壮絶な惨事を引き起こす。人々が見上げる高みから、国中を巻き込んで奈落の底へと落ちていく華々しいまでの王家の崩壊。決して覗いてはいけない黄金の裏側。その禁断の秘密が今暴かれる。
 
***Staff・Cast***
監督:チャン・イーモウ
出演:チョウ・ユンファ、コン・リー、ジェイ・チョウ、リィウ・イエ、リー・マン、ニー・ターホン、他

***Official HP***
王妃の紋章 http://wwws.warnerbros.co.jp/ouhi/

PR
Post your Comment
Name
Title
Mail
URL
Select Color
Comment
pass  emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
この記事のトラックバックURL:
「王妃の紋章」の試写会に行って来ました。 「シネトレ」の公認ブロガー限定試写会という事で、ワーナー・ブラザース映画試写室にて鑑賞して来ました。 試写室なのでどの席でもゆったり観れるだろうと思って、ゆっくり行ったら、、、ガ~ン、、、一番前しか空いていない、、、ふたりだったので別々に座れば良い席もあったけど、仕方なく一番前にて鑑賞しました。(慣れるまで辛かった、、、) なんとも壮大なスケール感に圧倒されてしまいました! これぞ映画って感じの壮大で豪華な世界でしたね(テレビドラマじゃ無理...
アートの片隅で 2008/04/07(Mon) 00:22
プレミア試写会ということで、中国の女優&俳優さんが来るのかとおもいきや、登場したのは金色の衣装のほしのあき。 更に客席がライトアップされてびっくりしていると、中央脇の入り口から、映画で実際に使われた衣装を着たという女官たちがすぐ目の前を通って、舞台へと上がっていく。 舞台には金と銀の鎧の兵士と、美しい女官が勢ぞろい。なかなか圧巻である。
『王妃の紋章』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 唐王朝滅亡後の中国。絶対権力を保持する国王を頂点とする“黄金の一族”がいた。王家の栄華は永遠かと思われたが.。すでに冷え切っていた王と王妃。王妃は衰弱と言って良いほどの病気がちにも拘らず、
映画と秋葉原と日記 2008/04/14(Mon) 16:42
「華麗なる一族」+「犬神家の一族」
Akira's VOICE 2008/04/15(Tue) 16:30
監督:チャン・イーモウ 出演:チョウ・ユンファ、コン・リー、ジェイ・チョウ、リィウ・イエ、チン・ジュンジエ、リー・マン、チェン・ジン、ニー・ターホン 評価:95点 公式サイト (ネタバレかなりあります) これは凄い。 いろんな意味で画面に釘付け。 ....
デコ親父はいつも減量中 2008/04/16(Wed) 22:27
豪華な衣装、セット。
頑張る!独身女!! 2008/04/17(Thu) 21:45
 拙ブログ、1000記事突破記念、「音楽ベスト10」募集中!あなたが考える音楽史
eclipse的な独り言 2008/04/21(Mon) 06:29
圧倒的なスペクタクルである。ファーストシーンは、女官たちの起床から着衣のシーンであるが、これがすごい。そして、宮廷内の豪華絢爛さによってドラマの世界に引き込む。その力技は見事である。そうした視覚的なスペクタクルの中で、支配者一族の愛憎劇が語られていく。...
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で。 このシネコン・・・売店で企画商品売るのが得意みたいで、 今週は「スシ王子〜」にちなんで、「スシ味のポップコーン」を販売中・・・ 試食したら、激マズっ・・・ 「リトル・レッド」の時のイチゴ味ポップコーンも不味かったっけ。
ひらりん的映画ブログ 2008/04/26(Sat) 03:36
人気ブログランキングの順位は? 王家の掟 ──憎しみあうこと ──愛しあうこと ──殺しあうこと 中国史上、最も栄華を極めた唐王朝後の時代、黄金の一族の裏に隠された恐るべき真実。
『初恋のきた道』や『HERO』『LOVERS』といった作品でも知られる中国の巨匠、チャン・イーモウが監督した王家一族の愛憎劇を豪華絢爛な歴史絵巻で描くドラマ。チョウ・ユンファ、コン・リー、ジェイ・チョウとキャストまで豪華です。 映画サイトの「シネトレ」の公認ブロガー
 『王家の掟 ─憎しみあうこと ─愛しあうこと ─殺しあうこと 中国史上、最も栄華を極めた唐王朝後の時代、黄金の一族の裏に隠された恐るべき真実。』  コチラの「王妃の紋章」は、「英雄〜HERO〜」、「LOVERS」のチャン・イーモウ監督が、50億円の製作費を注ぎ込....
☆彡映画鑑賞日記☆彡 2008/10/30(Thu) 19:32
『HERO』や『LOVERS』などのヒットメーカー、チャン・イーモウ監督による絢爛豪華(けんらん)な歴史大作。きらびやかな宮廷の裏に渦巻く陰謀と策略のドラマを華麗に描き出す。俳優陣も香港のトップスター、チョウ・ユンファ、『SAYURI』のコン・リー、『頭文字[イニシャル]D THE MOVIE』のジェイ・チョウらアジアを代表するスターたちが名を連ねる。細部にまでこだわった圧巻の映像美と怒とうのアクションシーンまで一瞬たりとも目が離せない。[もっと詳しく] 中国を舞台にした武侠歴史劇から、当面目を離すこ...
サーカスな日々 2008/12/15(Mon) 17:46
あらすじ紀元928年、後唐の時代の中国。9月9日の重陽節の祝日を前にして、長らく遠征に出ていた国王と、辺境の地に赴いていた第二王子の傑が、久々に王宮へと帰還する。すでに王との仲が冷え切っていた王妃は王が前妻との間にもうけた第一王子・祥とひそかに通じ合う...
  BackHOME : Next 
News
 記事の画像はクリックすると大きくなります。
       
 Blog Ranking: 
にほんブログ村 OL日記ブログへ
         
Profile
Name:sa*na
 
Comment
[07/27 さとちん]
[05/10 nikko81]
[05/10 nikko81]
Link
trendleader
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ

今日という一日。 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]