忍者ブログ

今日という一日。

     代わり映えのない毎日のようでも、昨日とは違う何かがきっとあるはず。。

2017.12.15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009.03.08
「リリィ、はちみつ色の秘密」を観てきました。映画の舞台は1960年代のアメリカ南部。肌の色が違うというだけでレストランに入れなかったり、映画を一緒に見ることができない・・・そんな時代のお話です。

誰もが少なからず心の傷を持っていたり、辛いことがあったりしますが、今ある環境の中で精一杯前向きに生きようとする姿を見ていたら、泣けてきました。

家族に対する愛情、友だちに対する愛情、周囲の人たちへの愛情、自分自身への愛情・・・誰からも想われず、愛されずに生きている人はいない。。そんな思いにさせてくれます。いろいろな愛情が様々なシーンで感じられ、とても温かい気持ちになりました。



***Story***
4才のとき、自分の過ちで大好きな母を失ったリリィ(ダコタ・ファニング)。それから10年、心の傷にたった一人で耐え続けてきた彼女の胸には、いつもひとつの大きな疑問が浮かんでいた。「母は私を本当に愛してくれていたの?」その答えを見つけるために、ある夏の日、リリィは旅立ちを決意する。(※チラシより引用) 

***Staff・Cast***
原作:スー・モンク・キッド著「リリィ、はちみつ色の夏」(世界文化社刊)
監督・脚本:ジーナ・プリンス=バイスウッド
出演:ダコタ・ファニング、クイーン・ラティファ、ジェニファー・ハドソン、アリシア・キーズ、他

***Official HP***
リリィ、はちみつ色の秘密 http://movies.foxjapan.com/hachimitsu/
PR
Post your Comment
Name
Title
Mail
URL
Select Color
Comment
pass  emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お早うございます
TB返送有り難うございます。

端的で、とても素敵なレビューですね。
象のロケット: URL 2009.03/25(Wed) 07:54 Edit
Re:お早うございます
TB、コメントありがとうございます。
とても優しい気持ちになれる映画でしたね。
2009/03/26(Thu)
Trackback
この記事のトラックバックURL:
新宿明治安田生命ホールに、『リリィ、はちみつ色の秘密』の試写会で行ってきました。 今回の試写会は、この『リリィ、はちみつ色の秘密』のPRを担っている学生さんの有志団体「チームリリィ」の方にお声かけいただいて、参加させていただきました。 「チームリリィ」の皆様、
主演のリリィを演じるのはダコタ・ファニング。リリィが家出して身を寄せる養蜂家の主人オーガストをクイーン・ラティファが演じる。ただ本作の場合、むしろウィル・スミス夫妻がプロデュースしたことの方が話題になっているかもしれません。『7つの贈り物』ではさんざんな評価だったウィルですが、直接出演するわけではない本作ではどうなのでしょうか?
LOVE Cinemas 調布 2009/03/23(Mon) 00:07
☆・・・神は世に、二人の「ダコタ」と言う名の美少女を生み出した。  かたや、天性の美貌を誇るダコタ・ブルー・リチャーズ。        そして、もう一方は、天才の子、ダコタ・ファニング。        今回は、このファニング嬢の新作を観に行った。    ◇  いい作品であった。  私は、何の知識もなく、成長したファニング嬢の、少女の終わりの悲しさを堪能しようと映画館に赴いたのだが、  物語は1960年代、黒人公民権運動を時代背景とした物語だった。  私は、最近、ちょうど、黒人奴隷問題を...
JUGEMテーマ:映画 2009年3月20日(金) 公開 ★★★★★+α あぁ〜もぉなんだかとっても好きだこれ♪ 星5つに+α付けちゃう! 姉妹の名前が暦からっていうのが岡倉姉妹(渡鬼)といっしょね♪ 予定に無かった作品だったのですが、ご覧になられた方のレビューを拝見したらとても良い作品のようだったのと、出演者が素敵だったので足を伸ばして鑑賞してきました。 スー・モンク・キッドのベストセラー小説の映画化。 14歳のリリィ(ダコタ・ファニング)は母の死に深...
ママは本当に私を愛していたの? 幼い頃自分の過ちで母を亡くした14歳のリリィは真実を知るため、選挙権登録に行く途中で白人から袋だたきにされた黒人家政婦のロザリンと共に旅に出る。 母の遺品にあった黒い聖母像の絵を手がかりに、黒人の3姉妹が住む養蜂場で働くことになったのだが…。 愛、勇気、優しさがあふれる思春期ヒューマン・ドラマ。
象のロケット 2009/03/24(Tue) 20:05
原題:The Secret Life of Bees アメリカで1964年といえば7月2日の公民権法制定、ジョン・F・ケネディ亡き後ジョンソン政権下で成立、キング牧師も登場する時代背景に~様々な愛の形~ 原作は全米で500万部以上、映画は全米3位スタートながらクチコミで広がり全米ヒッ
5月1日(金) 11:10~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:1000円(ファーストデー) パンフレット:未確認 『リリィ、はちみつ色の秘密』公式サイト 幼女からいつの間にか少女になったダコタちゃんの主演。 黒人差別の残る時代、しかも激しい土地。母親が死に、かなり駄目な父親と暮らすダコタちゃん。 使用人の黒人女が、ホワイトトラッシュなオヤジにボコボコにされる。それを庇おうとしない駄目親父に呆れたダコタちゃんは、使用人と家出をし、たどり着いた先は、黒人三姉妹が住む養蜂場だった。 ウィル・スミスが製...
ダイターンクラッシュ!! 2009/05/09(Sat) 14:14
 原題:The Secret Life Of Bees 京都での上映はないと思って諦めていた作品「リリィ、はちみつ色の秘密」がRCSで公開された。主演はダコタちゃん。天才子役として注目を浴びている彼女も、今年15歳だそうで・・・・。大きくなっちゃった!そんな彼女の10年後は?ぼんやりしたものではなく、今わかっていることは必ず大学に行って、演技も続けているだろうということ。目標はしっかり決めているんだね。ちなみに目標の女優さんはジョディ・フォスター。 嬉しいのは原作者が女性で、監督・脚本も女性のジーナ・...
銅版画制作の日々 2009/09/10(Thu) 10:12
蜂蜜の色って、ほんとに綺麗だなぁ〜・・
母はやさしい人だった。そして私を捨てた。
  BackHOME : Next 
News
 記事の画像はクリックすると大きくなります。
       
 Blog Ranking: 
にほんブログ村 OL日記ブログへ
         
Profile
Name:sa*na
 
Comment
[07/27 さとちん]
[05/10 nikko81]
[05/10 nikko81]
Link
trendleader
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ

今日という一日。 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]