忍者ブログ

今日という一日。

     代わり映えのない毎日のようでも、昨日とは違う何かがきっとあるはず。。

2017.09.20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.01.10

今日も、さっさと仕事を切り上げ、試写会へ行ってきました。今日は「愛の流刑地」、愛ルケです。
 
予測通りというか話題通り、濡れ場シーンの連続。しかも、冒頭からいきなり始まり、次から次へと濡れ場シーンです。平凡な主婦であった冬香が、愛されることで変わってい日々なのかもしれませんが、ホントもういいから・・・って言いたくなるくらい。。ちょっと多すぎです。

死にたくなるほど人を愛する。。愛している人に、幸せな瞬間に、殺してほしい。。どちらの気持ちも私にはよくわかりませんが、そういう恋愛もあるのでしょう。。ただ、たとえそう思っても本当に殺しちゃいけないですけどね・・・。



***Story***
かつて恋愛小説の旗手として注目された作家・菊治は、自分のファンであるという人妻・冬香と出会い、恋に落ちた。愛されることを知らずに生きてきた冬香。逢瀬のたびに心と躰を烈しく求め合うふたり。そして「首を絞めてほしい」という冬香の求めに応じ、菊治は冬香を絞め殺めてしまう。「なぜ男は女を殺したのか、そしてなぜ女は死を望んだのか」――今、愛と死の真相が明らかになる。(※オフィシャルHPより引用) 
 
***Staff・Cast***
原作:渡辺淳一
監督:鶴橋康夫
出演:豊川悦司、寺島しのぶ、長谷川京子、仲村トオル、佐藤浩市
 
 
***Official HP***
愛の流刑地 http://airuke-movie.com/

PR
Post your Comment
Name
Title
Mail
URL
Select Color
Comment
pass  emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
この記事のトラックバックURL:
 『もう、だれにもさわらせない』  コチラの「愛の流刑地」は、「失楽園」の渡辺淳一の原作が日本経済新聞で連載され「愛ルケ」現象を巻き起こした来年1/13公開になる映画化なのですが、試写会で観てきちゃいましたぁ〜♪  今回の試写会は、公開を1ヶ月後に控えたちょ...
☆彡映画鑑賞日記☆彡 2007/11/07(Wed) 22:21
  BackHOME : Next 
News
 記事の画像はクリックすると大きくなります。
       
 Blog Ranking: 
にほんブログ村 OL日記ブログへ
         
Profile
Name:sa*na
 
Comment
[07/27 さとちん]
[05/10 nikko81]
[05/10 nikko81]
Link
trendleader
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ

今日という一日。 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]