忍者ブログ

今日という一日。

     代わり映えのない毎日のようでも、昨日とは違う何かがきっとあるはず。。

2017.04.23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.08.20
「題名のない子守唄」の試写会に行ってきました。イタリア映画です。

イレーナの過去の映像が彼女の記憶としてところどころに盛り込まれています。彼女の過去・・・男に執拗に狙われる理由・・・そして、なぜメイドとなった家の娘・テアにこだわるのか・・・。ラストにはそのすべての謎が解けるので、見終わった後はスッキリ。久々に見応えのあるミステリー作品でした。

そして、イレーナ役のクセニア・ラパポルトさんの体当たりの演技。30代の現在と過去(たぶん20代前半の頃?)とでは、まるで別人。。髪型や体型の違いもあると思いますが、その演技にも注目です。

9/15(土)からシネスイッチ銀座ほかで順次公開です。



***Story***
イタリアのとある都市にあらわれた女・イレーナ(クセニア・ラパポルト)。彼女がやってきた理由を知る人は誰もいない。逃れられない過去、ひそやかな願い。裏窓から盗み見る向かいの家の灯り。イレーナは裕福なアダケル夫婦と4歳の娘・テアが暮らすその家のメイドとなった。執拗につけねらう忌まわしい男の影、テアとの間に生まれるほのかな愛情。そして、遂に起こる事件・・・。彼女は何に復讐し、何を償おうとしているのか。(※チラシより引用)
 
***Staff・Cast***
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
出演:クセニア・ラパポルト、ミケーレ・プラチド、クラウディア・ジェリーニ、他

***Official HP***
題名のない子守唄 http://www.komoriuta-movie.com/
PR
Post your Comment
Name
Title
Mail
URL
Select Color
Comment
pass  emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
この記事のトラックバックURL:
      ★★★★☆  「ニュー・シネマパラダイス」(1989年、伊)の巨匠 ジュゼッペ・トルナトーレが撮ったサスペンス。 今年本邦で公開されたヨーロッパ映画では 「ブラックブック」(2006年、蘭)と並ぶ傑作だ。  原題は「LA SCONOSCIUTA(THE UNKNOWN WOMAN)」。  舞台は北イタリアの港町トリエステ。 ウクライナからやって来た女、 イリーナは必死になってある一家の女中になろうとする。 仲介する男に高額の謝礼を払ったり、 長年一家に勤めてきた老女中を階段から落として 瀕死の...
富久亭日乗 2007/09/30(Sun) 21:47
彼女が捨てたかったのは地獄の日々の記憶。 彼女が求めたのは幻に消えた愛。 彼女が求めたのはささやかな希望・・・題名のない子守唄。
 『女は 哀しみを食べて 生きている』  コチラの「題名のない子守唄」は、「ニュー・シネマ・パラダイス」や「海の上のピアニスト」のジュゼッペ・トルナトーレ監督のR-15指定のミステリーです。  ウクライナ出身のイレーナ(クセニア・ラパポルト)、北イタリアの....
☆彡映画鑑賞日記☆彡 2009/12/15(Tue) 21:29
  BackHOME : Next 
News
 記事の画像はクリックすると大きくなります。
       
 Blog Ranking: 
にほんブログ村 OL日記ブログへ
         
Profile
Name:sa*na
 
Comment
[07/27 さとちん]
[05/10 nikko81]
[05/10 nikko81]
Link
trendleader
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ

今日という一日。 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]