忍者ブログ

今日という一日。

     代わり映えのない毎日のようでも、昨日とは違う何かがきっとあるはず。。

2017.11.22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.08.04
「レ・ミゼラブル」を観に行ってきました。ジャン・バルジャンの波乱の生涯を描いたミュージカル。日本初演20周年を記念しての再演とのことですが、今回が初観劇です。チケットは2週間前に買ったA席優待チケット。一応、オペラグラス持参しましたが、なかなか良席。ラッキーでした。

ストーリーは暗い過去や死といった部分が多いのですが、徐々にストーリーに引き込まれていきます。特に、砦での戦いシーンでは涙が出そうになりました。このミュージカルのリピーターが多くいるのも納得。。もう少しストーリーを勉強していけば、もっともっと楽しめたような気がします。。

 「レ・ミゼラブル」 2007.6.8-8.27 帝国劇場

***Story***
一切れのパンを盗んだために19年間の監獄生活を送り、やっと仮出獄許可証を得て出獄したジャン・バルジャン。しかし、出獄したものの、ろくな生活は送れず、食事と宿を与えてくれた教会から銀の食器を盗む。だが、司教は罪は問わず、銀の燭台まで渡してくれる。その慈悲深さに心打たれたバルジャンは改心するのだった。その後、罪人から立派な市長となったバルジャン。平穏な生活を送っているように見えたが、仮出獄許可証を捨てて逃亡したバルジャンを執拗なまでに探す警視ジャベールによって逃亡への道を余儀なくされる…。それからさらに時はたち、パリでは市民が生活に窮して、ついには反政府革命が起きる。それはバルジャンや彼の養女のコゼットたちも巻きこむ。コゼットにひと目ぼれした貧乏学生マリウス、そして彼に恋するエポニーヌ、若き革命家アンジョルラス。さらには逮捕をあきらめず、バルジャンを執拗に追う警視ジャベール。そしてバルジャンは…

***Staff・Cast***

作:アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルク
出演:ジャン・バルジャン:山口祐一郎、ジャベール:今拓哉、エポニーヌ:坂本真綾、ファンテーヌ:渚あき、
    コゼット:辛島小恵、マリウス:藤岡正明、テナルディエ:徳井優、テナルディエの妻:阿知波悟美、
    アンジョルラス:岸祐二
PR
Post your Comment
Name
Title
Mail
URL
Select Color
Comment
pass  emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
この記事のトラックバックURL:
  BackHOME : Next 
News
 記事の画像はクリックすると大きくなります。
       
 Blog Ranking: 
にほんブログ村 OL日記ブログへ
         
Profile
Name:sa*na
 
Comment
[07/27 さとちん]
[05/10 nikko81]
[05/10 nikko81]
Link
trendleader
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ

今日という一日。 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]