忍者ブログ

今日という一日。

     代わり映えのない毎日のようでも、昨日とは違う何かがきっとあるはず。。

2017.07.29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.10.17
「BOY A」を見ました。日本語にすると「少年A」。少年時代に罪を犯してしまった青年が、実名と過去を隠し、別人となって新な人生を切り開こうとするお話です。

罪が重罪であればあるほど、社会には受け入れられなくなる。。罪を知った途端に態度が変わる周囲の人々。騒ぎ立てるマスコミや報道。。恵まれない家庭環境で育ったからといったことが罪を犯す原因とはいえないし、罪を償うために隔離された環境で育ったがゆえに少年のままの純粋な心を持っている。。追い詰められていくジャックを見ていると、やりきれない気持ちになります。

何が正しくて何が間違っているか・・・でも本当にそれが正しいことのかもよくわからない・・・考えさせられるテーマがいっぱいある映画でした。




***Story***

まるで幼い少年のようにはにかんだ笑顔を見せる青年。彼は“新しい名前”を選ぶ。“ジャック”だ。青年の心には大きな傷跡がある。決して消せない罪を背負っている。今、愛する人ができた。仲間ができた。それでも彼は問いかける。「僕はここにいてもいいの?」。そして、周囲が本当のジャックを知り始めた時、衝撃の結末が訪れる―。(※チラシより引用)
 
***Staff・Cast***
監督:ジョン・クローリー
出演:アンドリュー・ガーフィールド、ピーター・ミュラン、ケイティ・リオンズ、ショーン・エヴァンス、他

***Official HP***
BOY A  http://www.boy-a.jp/
PR
Post your Comment
Name
Title
Mail
URL
Select Color
Comment
pass  emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
この記事のトラックバックURL:
シネトレさんの公認ブロガー試写会で、渋谷のシネカノン試写室に『BOY A』の試写を観に行ってきました。 精神的にダメージの大きい作品だけれど、すごく色々なことを考えさせられる映画だと思う。 ******************** 彼は未来のために名前を失った・・・・・・。
 『僕はここにいても、いいの?』  コチラの「BOY A」は、11/15公開となった”胸が痛いほどにエモーショナル。瑞々しく衝撃的なブリティッシュ・インディーズの感動作”なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪脚本家のマーク・オロウが「映画のタイトルから想像できるが....
☆彡映画鑑賞日記☆彡 2008/12/28(Sun) 17:49
これは感想の書きにくい映画で・・
  BackHOME : Next 
News
 記事の画像はクリックすると大きくなります。
       
 Blog Ranking: 
にほんブログ村 OL日記ブログへ
         
Profile
Name:sa*na
 
Comment
[07/27 さとちん]
[05/10 nikko81]
[05/10 nikko81]
Link
trendleader
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ

今日という一日。 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]