忍者ブログ

今日という一日。

     代わり映えのない毎日のようでも、昨日とは違う何かがきっとあるはず。。

2017.09.20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.04.03
国立能楽堂で、りゅーとぴあ「マクベス」を観てきました。初めての能楽堂。座席が舞台に近く、間近で舞台を見ることができます。能舞台なので舞台セットは何もありませんが、その分、鮮やかな衣装が映え、とてもステキでした。

今回は脇正面の橋掛かり近くの座席7列目。太鼓などの音で、途中、セリフが聞きづらい箇所もあったりしましたが、橋掛かりを通るたび、かなり間近に見ることができました。

マクベス夫人(市川笑也)の妖艶さと演技の迫力すごかったです。そして、所作がとても綺麗。女性以上に女性らしい。。ヘカテ(藤間紫)も、動き自体は大きくないものの何とも言えない怪しさが・・・ただ歩いているだけでも呪われそうな感じでした。。

能楽堂という和の空間でのマクベス。なかなかおもしろかったです。

 東京:国立能楽堂 2007.4.3-4.5

***Story***
スコットランドの武将マクベス(市川右近)は、凱旋の途上、闇の女神ヘカテ(藤間紫)率いる魔女たちに、「やがては王になる」との奇妙な予言を受ける。野心の虜となったマクベスは、マクベス夫人(市川笑也)とともに王ダンカン(菅生隆之)殺害を企てる―
シェイクスピア四大悲劇の一つ「マクベス」を、力強い様式性と和の美意識で描く。巨大で恐ろしい運命と闘う人間性、そして圧倒的な破滅。どこまでも哀しく美しい末期―(※りゅーとぴあHPより引用)
 
***Staff・Cast***
作:ウィリアム・シェイクスピア
構成・演出:栗田芳宏
衣裳デザイン:時広真吾
出演:市川右近、市川笑也、藤間紫、谷田歩、市川喜之助、河内大和、栗田芳宏、山賀晴代、
    市川猿若、菅生隆之
 他

***Official HP***
りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ 「マクベス」07  http://www.ryutopia.or.jp/skp/new.html
PR
Post your Comment
Name
Title
Mail
URL
Select Color
Comment
pass  emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
この記事のトラックバックURL:
  BackHOME : Next 
News
 記事の画像はクリックすると大きくなります。
       
 Blog Ranking: 
にほんブログ村 OL日記ブログへ
         
Profile
Name:sa*na
 
Comment
[07/27 さとちん]
[05/10 nikko81]
[05/10 nikko81]
Link
trendleader
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ

今日という一日。 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]